うっかりヨーグルトの種を食べてしまった!

私の場合、毎年夏になるとヨーグルトが無性に食べたくなります。

でも、毎日お店で買って食べると結構な出費になるので、何かいい方法はないかと毎年思っていました。

そんな時に、カスピ海ヨーグルトの種を買ってくれば、ヘルシーな豆乳ヨーグルトも作れるし、コスパもいいことがわかり、早速購入しました。

カスピ海ヨーグルトの種は900円近くしたので、少し高いなあと思いましたが、必ず元が取れるからと自分に言い聞かせました。

家に帰って、レシピどおりにヨーグルトを作りました。

そして、凄く美味しいヨーグルトが出来た時は、ホントに感動しました。

これで毎年夏中、好きなだけヨーグルトが食べれると思うと、なんて幸せでしょう。

ただし、一つだけ気を付けないといけないことがあります。

それは作ったヨーグルトを全部食べてしまわないことで、種として少し取っておかなければいけないのです。

そんなこと当たり前ですよね、簡単すぎで誰にでも出来るわと、その時は思いました。

ところがある日、ヨーグルトを作ろうと思って冷蔵庫を開けたら、種が見つからないのです。

なんで?不思議だなあと思って、冷蔵庫の奥までゴゾゴゾ探し続けたのですが、見つからなくて、まるで狐につままれたような気分でした。

しばらく独り言を言いながらも探したのですが、やっぱり見つからないので、たぶん、うっかり食べてしまったんだと思います。

私は一人暮らしをしているので、原因はそれしかありません。

とても、ショックでした。

あんなに簡単な注意だったので少しバカにしていたのに、1か月もしないうちに全部食べてしまったなんて、ホント最悪です。

また、ヨーグルトの種を買わなければいけないのかと思うと、悔しくて仕方がありません。

ヨーグルトの種は大した額ではないのですが、なるべつ節約して無駄のない生活を心がけているので、結構落ち込みました。

でも、大好きなヨーグルトが食べれなくなると、夜も不安で眠れないことも度々あるので、今度からはしっかり気をつけようと思っています。

 

 

新しい惣菜屋さんのトンカツの味

いつも買い物に行くスーパーの傍に、新しく惣菜屋さんができました。

惣菜屋さんができたことは知っていたのですが、実際に入店するまでは数か月かかりました。

興味はあったのですが、前を通るときはいつもスーパーで買い物を済ませた後でした。

先日珍しくスーパーに行く前に訪れると、思ったよりたくさんの種類の惣菜が置いてありました。

店内には私の他にも数人の買い物客がいて、熱心に何を買おうか選んでいます。

私も同じように店内を見回しながら欲しいものを探し、その内に数人がレジに並んだので、とりあえず後ろに並びました。

まだ何を買うか決まっていませんでしたが、並びながら決めようと思いました。

並びながらレジ前のケースの中を覗くと、美味しそうなトンカツが見えました。

丁度油っぽいものが食べたいと思っていたので、私はそのトンカツを二枚買いました。

一枚約300円ほどで、スーパーの物より大きくて美味しそうに見えました。

そして、会計を済ませる時に、レジの傍の張り紙に気付きました。

その張り紙には「より美味しく召し上がっていただくため油を変えました」と書いてありました。

具体的に何が変わったかわからないまま、学生のアルバイトが包んでくれたカツを受け取ります。

その日の夕食で、早速トンカツを食べると、期待したよりも美味しくて驚きました。

一緒に食べた家族も絶賛し、ビースマイル歯磨き粉と一緒にまた買ってくるようにと言いました。

やはり油が違ったのでしょうか、子供の頃に食べた近所の肉屋が揚げたトンカツに、どことなく味が似ていました。

これからは、その惣菜屋さんをもっと贔屓にしようと思います。

 

 

花の季節の到来と花達のつぶやき

出勤途中の道には、この時期ならではの楽しみがあります。

それは、見事な紅梅の花の姿を楽しむことです。

実に見事な枝ぶりで、樹一杯に咲き誇っています。

交通量の多い国道に面して、日々排気ガスと闘っているのに、少しも薄汚れた気配させも見せない健気さに、往復の度ごとに感じ入ってしまいます。

また、梅だけではありません。

菜の花も水仙も、風の冷たさに抗いながらも、来たるべき陽春に備えての準備を始めて、短い花の命を懸命に生き切っていました。

しかし、残念なこともありました。

家族が道行く人のためにと、植えたフリージアが良い色の順から姿を消し、ついに今年は姿が全く見られなくなりました。

私は立腹したのですが、それはそれでいいんだ、という家族の度量の大きさに、心打たれました。

正直、自分の器の小ささが恥ずかしかったです。

それはさておき、私の家の周りは本当に緑が多い、心安らぐ地域です。

私の家の一角、それも私の家だけ特別にみすぼらしいのですが、それでも家族が工夫して育てている野菜や花は誰に言われる事無く、春の装いを始めているのです。

つい先日は、ラベンダーの穂先に、小さな薄紫の花が咲きだしたのを確認しました。

有名な観光地の風景写真では、本当に紫の絨毯と化していますが、狭い我が家のガーデンポットでは、その真価を発揮出来ようもありません。

でも、和らいだ北風に乗って、花達のつぶやきが聞こえてくる気がします。

「いいよ、それでも」。

この言葉に救われ、いつもは渋々手伝わされている作業も、今日は気も軽くはかどりました。

それは、ザエッセンスセラムの効果なのかも知れません。

さて、ラベンダーを摘んだ小さな花束は、今年は誰に進呈しようか。

女の人がいいよな、やっぱり。

 

 

待ったかいがあったスピニングリールのニューモデル入荷の日

この日は意識して早めに仕事を切り上げ、向かった先は自宅からさほど離れていない国道沿いの大型釣具チェーン店に行きました。

お目当ては、1ヶ月前から予約していた新発売のスピニングリールです。

前日夕方に入荷の電話があったものの、その時は忙しくてショップに立ち寄る暇が無く、仕切り直しでこの日の夕方に訪れたという訳です。

息も弾ませ入店すると、待ってましたとばかりに、懇意にしているショップスタッフが現品をバックヤードの棚から出してきてくれました。

新品・新製品とはいえ、初出荷のファーストロットです。

変に不具合があったり、外れ個体であったりするとガッカリなところだったのですが、幸いにもパッケージから取り出した新しいリールは、素晴らしい操作感と外観でした。

問題らしい問題は全く無し。

しばらく、ハンドルを回りたりベールを返したりしてチェックし、何も問題が無い事を確認し、十分満足して元のパッケージに仕舞いました。

スタンダードモデルから若干頑張ってグレードを上げ、フラッグシップモデルの2つ下というモデルに決めたのですが、それでも値段は3万円ちょっとと結構なものでした。

まあ、半年間節制して頑張って来たのですから、この程度の買い物位許されるでしょう・・

支払いを済ませ、軽やかな足取りで帰宅し、早速、自前のロッドに取り付け合わせてみると、中々のバランスです。

カラーバランスもチェックし、選んだ甲斐がありました。

ターゲットとしている魚はまだシーズンイン前という事で、しばらくは釣果に恵まれない日々が続くとは思います。

しかし、少しづつ練習に引っ張り出し、その滑らかな操作感を楽しもうと思っています。

ちなみに、先日、私が釣りをしている側で、妊婦さんがこむら返りで痛そうに転げ回っていました。

それなら、妊婦のこむら返りを予防するサプリもあるのに、結構知らない人もいるもんですね。

 

 

お金が自然とたまるのが理想だけど振り回されています。

「お金」が自然とたまるものであったら、どんなにいいでしょうか。

けれども現在の世の中は、それがとても困難になっているのではないでしょうか。

それで、そこからが「見えてこない」などということはないかと思っています。

でも、そのようには甘くないのが実情のようです。

そのうえ、ふところ具合、家計簿をつけていても定期的につける暇もないくらいにまとめてつけるクセにもなってしまっています。

でも、何かお金についての偏見を見直すことで、お金についての印象もけっこうよくなってくると思えます。

自身の周囲でも案外「お金に振り回されている人」というのは多々あるのではないでしょうか。

今の時代では「お金」というと、「いついつが入金、支払いの日だから」というのがけっこう多くなってきたような気がします。

自分自身では毎日休む暇もないくらい働いているつもりなのですが・・。

「お金は貯めなくてはいけないもの」と、心の奥底でかたくなに思いこんでいる人も多いでしょう。

では、お金に振り回されないためにはどうしたらよいのでしょう。

それは、お金について一考する人が独身であっても、結婚している既婚者であっても毎日生活するためのお金についていつも考慮していることだと思います。

しかし考えてみると、とくに家で業務している人などは雑用も多く、時間をロスしている人もけっこういます。

可能なら、自分でしらない間にも通帳に自然とたまっていくものであれは、本当にうれしいと思う人は多いでしょうね。

それにしても、最近は眠りが浅いし何度も起きるので、お金のことでノイローゼ気味なのかも知れません。

 

 

ダラダラ過ごすな雨女の生き方

私は、日々をダラダラ過ごすことに精を出しているダメ人間です。

この間から枕カバーを洗濯しようと思っているのに、何故か私が洗濯しようと思い立った日に限って雨が降ります。

「あなたってもしかして雨女?」と言われてしまった過去があるだけに、否定しきれないのが悔しいところです。

洗濯以外にも、買い物へ行こうとか散歩へ行こうと思い立った日に限って天気が崩れてしまうので、やはり私には雨を引き寄せてしまう何かがあるのかもしれません。

喜んで良いのかどうなのか微妙なところですね(苦笑)

今のところ、洗濯以外にはそれ程困る事もないのであまり気にしてはいません。

しかし、私は天気の中で曇りが一番好きなので、できれば雨は降らずに曇り程度に留めておいてほしいなぁと切実に願っています。

雨だと傘を持つのが面倒だし、メイクや髪の毛もグチャグチャになってしまうのが地味に嫌なんですよね。

曇りだと紫外線も晴れの日と比べて少ないし、メイクや髪がグチャグチャにならなくて済みます。

結局楽なのが一番好きなんです。

なんせダラダラする事に精を出す日々なんですから。

ダラダラと言えば、休みの日に雨が降るとちょっと嬉しく思ってしまいます。

雨が降っているからと言う理由でお洗濯はしなくて済むし、お出かけもあまりしなくて済みます。

お仕事だけは雨でも雪でもとにかく関係なく出勤しなくてはいけないので、休みの日の雨はちょっと嬉しかったりします。

これからも雨女として生きつつ、たまには曇りに留めておける技量を身に付けていきたいなと思う今日この頃です。